美容皮膚科の求人と転職について

病院と美容系で給料比較で差があり転職のきっかけに

メニュー➡ 転職のきっかけ ❶働きやすい ❷念願の年収アップ

写真

一般病棟の循環器病棟での勤務を経て、美容皮膚科の求人を見つけて転職を成功させました。 今までの病院では循環器ですから世代的には広く、喘息を持っている小さか子供からお年寄りまで、 患者さんの年齢層は広かったです。喘息の治療をしていくためには、 吸入器を病院で貸し出すこともあります。ですからそういった機器の使用方法を患者さんにい、 わかりやすく説明をしたりします。暴飲を受診する患者さんに案内もしますし、実際の治療の サポートもします。

美容皮膚科の求人に気を止め始めたのは、同じ看護学校の仲間の年収を聞いてからでした。 同じように看護学校で学び、医療機関で働いてはいるものの、美容クリニックで働く友人は、 年間で100万円近く収入が違っていたのが、自分にとっては転職にスイッチを入れたキッカケでした。 それまで働いていた病院は、古くから病院ですから、いかにも病院といった建物にないそうですし、 待合も診察室も当然ですが落ち着いているというか、古臭いところはありました。

古いとか内装はいいとしても、給与の面ではあまり満足は出来てはいませんでした。 残業になっても、それが全て支払われるかというと、なんとなく人ってしまい、すべて残業代が出る 保証はないですし、夜勤も大変でした。美容系を選んだのは、収入の高い看護師の友人を羨ましく 思ったのもきっかけですが、今までとは全く違う分野もいいなと感じたこともありました。 美容系でも外科は、覚えることが多いため、少し躊躇をしていました。



トップ おすすめサイト➡ ISクリニック 求人